なぜこけびー?

Kokebee_logo-notext-01私達のシンボルマーク「こけびーちゃん」は、”こけし”と”BEE(はち)”を掛けあわせた造語です。

私達三人はオーストラリアのシドニーに住んでいます。海外在住だからこそ日本の習慣や文化を大切に生活しています。外から見る日本には素敵な所が本当に沢山あります。

その1つとして、日本に昔から根付く”もったいない”という精神を今再び「こけびーラップ」を通して世界の人に発信していきたいと思っています。

「もったいない」とは、仏教に由来する言葉で、本来「もったい」とは「物体」と書き、「物体」が「無い」つまり「モノのかたちが無くなるまで、最後まで使いつくそう」という意味があるそうです。

日本では浴衣は古くなれば寝巻きとして使い、やがてオムツや雑巾にして縫いなおし、ボロボロになったときにようやく燃やす。さらにその灰は、洗剤や肥料として使っていたそうです。

お台所では煎り胡麻をすって和え物を作り、すり鉢のミゾに残った胡麻はお味噌汁の出汁を入れて溶かし戻し、最後まで使い切る。するとすり鉢もきれいになり、洗う時に殆ど水を使わずに済みます。

また瀬戸物や漆塗りの食器が欠けた時に使われる「金接ぎ」、 下駄の鼻緒の交換や歯の部分だけを交換する「歯入れ」、桶や樽の箍(たが)を閉め直す「箍屋」や「ちり紙交換」などなど、循環型社会(Sustainable Lifestyle)のために必要な「Reduce(ゴミ削減)、Reuse(再利用)、Recycle(再資源化)」の「3R」が、すでに江戸時代に実践されていました。

こけびー Ko Ke Bee Wrapは、何度でも利用でき(ゴミ削減)、くたびれて来たら溶かし直してリフレッシュさせ(再利用)、最後には土に帰す(再資源化)ことで、この「もったいない精神」を実践する事ができます。

『MOTTAINAI』を世界共通の言葉にしようと活動している、ケニア出身の環境保護活動家、ノーベル平和賞受賞者のワンガリ・マータイ氏は、 「もったいない」の言葉には、自然や物に対する敬愛、愛の意思(リスペクト)が込められている、と言っています。

使い捨てが当たり前の時代は終わりました。これからは私達が汚してしまった地球を綺麗に戻す為、私達が出来ることを少しづつ取り組んでいかなければならないのです。 ”MOTTAINAI”はまさに今の時代に必要な合言葉では無いでしょうか。

こけしは外国でも「ジャパニーズドールだね!」とわかってもらえる世界共通のアイドルです。このこけしちゃんに日本の精神を託し、ハチの羽をつけて羽ばたいてもらいたいと思っています!

オンラインで買う

お待たせしました。こけびーちゃんがオンラインで購入可能になりました。